高田・甘木 周辺

高田駅 情報

甘木駅 情報


観光プラザ「ほとめく館」


甘木鉄道甘木駅に併設するあさくら観光協会の観光案内所です。事前に問い合わせれば、観光パンフレットを無料で送付してくれます。案内所内には、あさくらの名物やお土産品も販売しています。1日300円で乗り放題のレンタサイクル「卑弥呼号」も便利です。


駅周辺 情報

須賀神社

夏祭りの山笠は、甘木あげての賑わいをみせます。本殿は三間社流破風造りになっており、社倉は飢餓に備えた穀物倉。境内には祇園社の神木として尊崇されている大楠(男樟)があります。

甘木駅より徒歩13分

関連HP:朝倉市観光情報

安長寺

正式名を「甘木山安長寺(かんぼくざんあんちょうじ)」といい、甘木の地名の由来となった寺です。また、境内には樹齢1,100年の大樟(女樟)があり、須賀神社の大樟(男樟)と合わせて夫婦樟とよばれています。

甘木駅より徒歩9分

関連HP:朝倉市観光情報


甘木公園

31.7haに噴水や浮き桟橋などの親水施設や遊具のある「アスレチック広場」があります。また、桜の名所と知られ、公園の真ん中にあるひょうたん型の桜池・もみじ池(2.7ha)をぐるりと囲むようにして、ソメイヨシノなど約4,000本が咲き乱れます。

甘木駅より徒歩20分

関連HP:朝倉市観光情報

甘木歴史資料館

県立九州歴史資料館の分館で、主に甘木・朝倉地方の考古・歴史・民俗資料が収集・保管・展示されています。年2回(春・秋)の企画展、自主展示会(不定期)等があります。

甘木駅より徒歩13分

関連HP:甘木歴史資料館


大己貴神社(おおなむちじんじゃ)

延喜式によると日本最古の神社の一つと数えられ、地元では「おんがさま」と呼ばれて崇敬されています。毎年10月23日には700~800年続く秋の大祭「おくんち」が行われ、みこしを出して地元の老若男女が参加する「神幸行列」や、舞姫による「浦安の舞」が奉納されます。

甘木駅より徒歩45分

沿線動画(甘鉄ぶらり旅シリーズ)はこちら

関連HP:筑前町

平塚川添遺跡公園

筑後川の支流 小石原川中流域の低地に立地する、弥生時代後期を中心とするこの地域の拠点集落遺跡です。。いわゆる邪馬台国時代に、同時代の遺跡の集中する東側の低台地を背にして、河川を利用した環濠を幾重にも巡らして集落を囲み、南西の筑後方面に対しているような様相を呈しています。古代体験(火おこし、勾玉づくり、弓矢体験など)ができます。

甘木駅より徒歩45分

関連HP:朝倉市


ホテルグランスパアベニュー

掛け流しの天然温泉で、家族風呂や4階には女性専用露天風呂があります。

甘木駅より徒歩1分

関連HP:ホテルグランスパアベニュー

天然温泉 卑弥呼ロマンの湯

地下1500メートルから湧く、アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)であり、天然温泉の完全かけ流し方式で、トロトロした肌触りの良さが自慢の大浴場(低温湯・高温湯)、打たせ湯の浴室があります。木の香りと温もりに包まれた本格的な木造建築温泉です。

甘木駅より徒歩10分

関連HP:朝倉市(卑弥呼ロマンの湯)


あまぎ健康らんど(お泊りと日帰りの大衆演劇場)

あまぎ健康ランドは、観光ホテルと健康ランドを組み合わせた総合施設です。

大衆演劇場(人情溢れる芝居・豪華絢爛舞踊ショー)、大浴場があり、宿泊施設も有ります。

甘木駅より徒歩14分

関連HP:あまぎ健康らんど

筑前の小京都「秋月」

城下町の面影が色濃く残る筑前の小京都「秋月」は、季節それぞれに趣ある景色が楽しめ、何度も訪れたくなるスポットです。特に秋月城跡周辺の桜と紅葉は必見です。

甘鉄甘木駅前より路線バス(甘木観光バス)に乗り継いで約20分

関連HP:秋月観光事業者組合