甘木鉄道の車両紹介

甘木鉄道には、8両の車両があります。

AR301

2001年(平成13年)12月に導入。甘木鉄道開業当初からのデザインで、クリーム色の車体に桃色と緑色のラインが入っている。車両側面の二本ラインは、車両前後で斜め上に伸びており、2両を連結した時に甘鉄の「A」になるようにデザイン。ちょっと遊び心をもったデザインだが、現在このデザインの車両は1両のみであるため、「A」を見ることが出来ない。

AR303

2003年(平成15年)6月に導入。8年に1度の車検に合わせた塗り直しの際に、全国のローカル鉄道を走っていた日本国有鉄道(国鉄)の気動車、キハ20形をイメージ。

 

 

AR305

2006年(平成18年)3月に導入。8年に1度の車検に合わせた塗り直しの際に、全国を走っていた日本国有鉄道(国鉄)のキハ58系などの急行形車両をイメージ。

 

 

AR307

平成18年12月に導入。8年に1度の車検に合わせた塗り直し(2015年2月)の際に、沿線の高校生(朝倉高校、朝倉東高校)から応募されたの図案から採用。174点から採用されたのは、朝倉高2年(当時)の鹿毛美里さんの作品。青と白を基調に黄色のラインが印象的。「田園を走るので目立つ色を使った」とのこと。

AR302

2002年(平成14年)9月に導入。8年に1度の車検(2010年(平成22年)7月)に合わせた塗り直しの際に、甘木鉄道の職員がデザイン。朝倉市には2つのダムがあり、水源地をイメージし、全体を水色で両正面と両側面の一部は青色で表現。朝倉の特産品である「柿」にも着目し、乗降用の二つのドアと両正面にある貫通扉二つは橙色を使用。

AR304

2004年(平成16年)12月に導入。8年に1度の車検に合わせた塗り直しの際に、甘木鉄道の職員がデザイン。AR303のデザインをベースとして、甘木鉄道沿線の山や農地の緑をイメージ。関西の私鉄でも、緑を基調とした車両が走っている。

AR306

平成18年12月に導入。8年に1度の車検に合わせた塗り直し(2015年11月)の際に、沿線の高校生(朝倉高校、朝倉東高校)から応募されたの図案から採用。260点から採用されたのは、朝倉高1年の仲道日向さんの作品。サクラをイメージした桃色の車体。

AR401

平成13年12月に卑弥呼号として、導入された車両(宝くじ協会より寄贈)。甘鉄では唯一の転換クロスシートタイプ(現在は、シートを固定中)の車両。8年に1度の車検に合わせた塗り直しの際に、白を基調として上部が黄色。車両側面には、甘木鉄道のマスコットキャラクター「レビット君」や沿線市町村のゆるキャラが描かれている。


車両の主要諸元(甘木鉄道提供)

  300系(AR301~307) 400系(AR401)
軌間(レール) 1,067mm 1,067mm 
最大寸法(長さ) 18,500mm 18,500mm
最大寸法(幅) 3,090mm 3,090mm 
最大寸法(高さ) 3,992mm 3,990mm
軸距 13,000mm 13,000mm
自重(空車) 29.7t 30.0t
定員(座席) 44人 40人
定員(立席) 76人 59人
定員(合計) 120人  99人
機関 295ps/2100rpm 295ps/2100rpm 
変速機

液体変速機

SCR0.91B-4D2形

液体変速機

SCR0.91B-4D2形

最高速度 85km/h 85km/h
ブレーキ装置

MSE三管式

直通空気ブレーキ

MSE三管式

直通空気ブレーキ

冷房装置 22,000kcal/h 22,000kcal/h