甘鉄(甘木鉄道)の紹介

 甘木鉄道は、基山~甘木間を結ぶ全長13.7kmの第三セクター鉄道です。甘木鉄道について、紹介します。

1.甘木鉄道のあゆみ

1939年4月

(昭和14年)

■基山(鹿児島本線)~甘木間が全線開通

 

 陸軍大刀洗飛行場の軍需輸送(兵員・物資輸送など)の目的で建設される。当時、周辺には朝倉軌道(二日市~甘木~杷木)、両筑軌道(田主丸~甘木~秋月)、中央軌道(新町(甘木)~航空隊前~小郡~上田代)という3つの軌道が走っていたが、すべて廃止されている。

1966年

(昭和41年)

■飛行場跡地にキリンビール福岡工場が立地

 

 太刀洗に工場専用線が敷設され、甘木線はビールの原料・製品輸送として活用される。その後、輸送の効率化のため、1980年代に順次トラック輸送に切り替えられ、1984年(昭和59年)には貨物取り扱いがなくなった。

1981年9月

(昭和56年)

■甘木線が国鉄再建法に基づく第1次特定地域交通線に選定
 

 特定地域交通線とは、いわゆる赤字ローカル線のことで、このうち第1次は、営業キロが短い行き止まり線でかつ、旅客輸送密度が少ない(営業キロが30km以下は2,000人/日未満、営業キロが50km以下は、500人/日未満)が選定対象となり、1982年(昭和57年)度末までに廃止することとして、廃止承認された路線であり、甘木線も廃止対象として選定された。

1982年9月

(昭和57年)

■第1回特定地方線対策会議が開催

 

 甘木線は、旅客輸送密度も少なく、鉄道経営は厳しいと見られていたため、バス転換の空気も濃厚となっていた。

1985年4月

(昭和60年)

■第9回協議会において、第三セクターによる鉄道運営を行うことで合意

1985年9月

(昭和60年)

■甘木鉄道株式会社を設立

1985年9月

(昭和60年)

■第11回協議会において、代替輸送業者は甘木鉄道株式会社と決定

 

 転換日は、昭和61年4月1日とすることが決定された。

1986年4月

(昭和61年)

甘木鉄道営業開始

 

2.営業体制

営業キロ 13.7km
駅数 11駅(有人駅は甘木駅のみ)
保有車両 8両
運転方法 ワンマン(2両編成の場合は車掌乗務)
運転区間 甘木~基山間
所要時間 26~28分
列車運行本数 平日42往復、土曜日36往復、日祝日33往復

 平成27年3月現在

3.路線図