「甘鉄レトロ」~伝えたい昭和文化~


 甘木鉄道は、太刀洗陸軍飛行場への軍需輸送として建設され、昭和14年に開通しました。その後、国鉄再建法に基づき「第1次特定地方交通線」に選定され廃止対象路線となり、存続活動により、昭和61年に第三セクター甘木鉄道株式会社に継承されました。

 甘木鉄道は、昭和時代に生まれ、社会状況の変化とともにその需要は、軍需輸送から貨物輸送、さらには、旅客輸送と変化しています。

 昭和時代は、戦争(~20年代)、高度成長(30年代~40年代)、バブル・バブル崩壊(50年代~60年代)と大きな変化があった時代です。この時代変化とともに、喜びや悲しみ、さまざまな物や文化が生まれました。

 

 「甘鉄レトロ」は、戦争の歴史を振り返り、平和へのメッセージを伝えるとともに、昭和時代をはじめとするレトロ文化を後世に伝える活動です。


「甘木鉄道を育てる会」では、「甘鉄レトロ」に関するさまざまな活動を検討しています。

・甘鉄レトロ列車、甘鉄レトロ駅舎

・甘鉄レトロ貸切列車

・甘鉄レトロ音楽祭

・甘鉄レトロ博物館

・甘鉄レトログッズ販売支援

※戦争の歴史及び平和へのメッセージについては、大刀洗平和記念館と連携した取組みを予定


「甘木鉄道を育てる会」では、限られた予算とメンバーで活動を行っております。今後、より充実した活動を行うためにも、活動に支援していただけるボランティア会員(スタッフ)を募集しています。

 音楽が好きな方、レトロが好きな方、昔遊びが好きな方、お話しすることが好きな方

 活動に興味がある方 など

 

ご参加いただける方は、「甘木鉄道を育てる会」の会員募集内容をご確認いただき、「お問合せフォーム」からお申込みください。

なお、活動等に関するお問合せは、「お問合せフォーム」からお願いします。

(後日、メールでの返答となりますが、時間を要する場合があります)