甘木鉄道を育てる会とは?

■甘木鉄道を育てる会について

 甘木鉄道関係地域の産業、経済の振興及び住民福祉の発展を願って、甘木鉄道の長期的な安定経営の推進に寄与することを目的として設立された団体です。

 

■構成メンバーについて 

 甘木鉄道を育てる会は、次の代表者と個人「一般会員」で構成されています。

朝倉市馬田コミュニティ協議会/会長、朝倉市甘木地区コミュニティ協議会/会長、朝倉市区長会理事会、朝倉商工会議所、朝倉市女性代表、筑前あさくら農業協同組合、公益社団法人 朝倉青年会議所、朝倉商工会議所青年部、筑前町区会長会、ニュー甘木朝倉地区労センター

※会員数51名(うち、個人会員33名)H30.5現在

 

■主な活動内容について

・甘木鉄道及び沿線情報の発信や広報活動

・イベントの実施(JRウォーキング、Kappo、体験学習、音楽祭など)

・七夕列車、コスモス列車、クリスマス列車などの運行支援

・門松作成、清掃活動

・甘木鉄道が行う乗降調査の支援 など

平成30年度 総会が開催されました(平成30年5月19日)

 平成30年度の甘木鉄道を育てる会 総会が朝倉市役所(別館 会議室)にて、開催されました。

 草場会長挨拶、甘木鉄道(株)森田社長の挨拶(代読)のあと、平成29年度の事業報告、決算報告に続いて、平成30年度の事業計画と予算が承認されました。

 また、役員の及び監事の選任が承認されました。

 今年度も「甘木鉄道を育てる会活性化戦略プラン」に基づいて、取組みを推進します。

【広報事業(会員の拡大事業を含む)】では、

 ホームページ等での広報充実を行うともに、昨年度に引き続き、甘鉄サポータークラブの募集を行います。

 また、新たな取り組みとして、「甘鉄女子部」を創部し、女性の視点から、甘鉄を盛り上げる企画にも取り組んでいきます。

【イベント事業】では、

 昨年同様に、七夕(7月)やコスモス(10月)、音楽祭(10月)、JRウォーキング(10月)、Kappo列車、運転体験、クリスマスイベントなどを実施予定です。

 音楽祭については、平成29年7月に朝倉市、東峰村などで大きな被害を受けた九州北部豪雨災害復興祈念として、取り組みます。

 また、新たな企画として、卒業イベント、婚活列車、写真展などを実施予定です。

【利用促進事業】では、

 切符の販売促進、沿線企業等と連携した取組み等を行う予定です。

【その他】

 門松作成や駅などの美化活動、甘鉄グッズの販売を行います。

 また、沿線企業等と連携した甘鉄グッズも作成予定です。

 これらの取組みにご協力いただける会員や企業を募集していますので、興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

問い合わせ先は、このページの最後 ↓↓↓

平成29年度の主な活動報告

■南阿蘇復興支援ミニ列車の運行、甘木鉄道のPR(5月)

朝倉市民祭のイベントにあわせて、南阿蘇鉄道復興支援の一環として、ミニ列車(1回100円)を運行し、甘木鉄道をPRするとともに、多くの方にミニ列車を楽しんでいただきました。ミニ列車の売上は、甘木駅構内に設置していた募金箱の募金と合わせて、南阿蘇鉄道へ寄付しました。

■たなばたイベント、たなばた列車の運行(7月)

甘鉄沿線にある三井高校ボランティア部18名の協力のもと、駅舎及び列車内に七夕の装飾を行いました。駅には、笹を飾り、願い事が出来る「短冊」を準備しました。また、恋人の聖地「七夕神社」の最寄り駅である大板井駅では、駅待合室を恋にまつわるハートで装飾し、「恋の願掛け絵馬」を準備しました。願い事は、七夕神社に奉納しました!

 

■体験学習(甘鉄でGO!)の開催(7月)

今回で2回目となる親子参加型の体験学習(甘鉄でGO!)は、定員を大幅に上回る申込みを頂きました。松崎駅近くの文化財(旅籠油屋)にて、宿場町松崎の勉強や火起こし体験を楽しみ、甘木駅構内では、大人気の運転体験を行いました。7月の猛暑の中での開催となりましたが、親子で大変喜んでいただきました。

■甘鉄PR(バス・鉄道フェスタinくるめ2017)(9月)

久留米シティプラザで行われた公共交通イベントに参加し、甘鉄のPRを行いました。甘鉄以外にも、JR九州、西鉄電車、西鉄バス、平成筑豊鉄道、筑豊電気鉄道が参加し、JR九州のミニ列車運行、西鉄バスの高速バス運転席乗車体験、各交通事業者のグッズ販売も行われました。甘鉄もグッズの販売し、積極的なPRを行いました。

■PR事業(広報活動)(9月)

甘木鉄道の利用促進を図るため、県や沿線自治体と連携し、西鉄連携企画乗車券(キリンガーデンクーポン、あまぎぐるりんフリーきっぷ)のPR活動を行いました。

(西鉄天神福岡駅 1000部)

■コスモス列車(10月)

甘鉄沿線にあるキリン花園(キリンビール福岡工場)は、10月に1000万本のコスモス園となります。

これにちなんで、コスモス列車の企画、準備、飾り付けなどを行いました。

 

■JR九州ウォーキング(10月)

今年も、筑前町の協力のもと、様々な企画内容で実施しました。

※ コース距離:約11km

当日のウォーキング参加者 570名

※午前中が雨天だったため、例年より少ない参加者でした

■甘鉄音楽祭 (10月)

※H29年度は、雨天のため中止

甘鉄沿線にあるキリン花園(キリンビール福岡工場)で開催されるコスモスフェスタと連携して、甘鉄音楽祭を開催しています。

写真は、平成28年の甘鉄音楽祭

 

■Kappo列車運行(11月)

基山Kappoと連携して、列車内でおちょこ2杯の試飲が出来るKappo列車(3便)を運行。

 

 

 

■クリスマス列車(12月)

クリスマスシーズンに、車内をクリスマスにちなんだ飾り付けを行いました。

クリスマス列車の企画、準備、飾り付けなどを行いました。

 

■門松作成、懇親会 12月実施

甘木駅に門松を作成するとともに、各駅(駅舎及び周辺)の清掃活動を行いました。

また、一年間の反省を振り返り、今後の育てる会や甘鉄の発展について意見交換を行いました。

 

その他には、

■乗降調査事業 11月中旬

甘木鉄道が行う乗降調査において、整理券係として調査対象列車に添乗

■クリスマスライトアップ 12月上旬~1月下旬

甘鉄甘木駅前ロータリーにLEDを使用し、イルミネーションを設置していま

 などに取り組みました。

平成27年度に「甘木鉄道を育てる会 活性会戦略プラン」を策定!!

平成27年度の甘木鉄道を育てる会総会において、「甘木鉄道を育てる会 活性化戦略プラン」を策定し、今後、甘鉄及び沿線活性化に向けた事業を行っていくことを確認しました。

  • 広報事業(ホームページやSNSを活用した広報など)
  • イベント事業(たなばた、運転体験、音楽祭など)
  • 利用促進事業(広報支援、沿線企業等と連携した取組)
  • その他(沿線企業等と連消した甘鉄グッズ作成、販売など)

これらの取組み実施には、ご協力いただける仲間(スタッフ)が必要です。

また、一緒に活動していただける団体、企業等も募集しています。

会員入会申込み・お問合せ

甘木鉄道を育てる会の会員入会申込みや

活動等に関するお問合せは、「お問合せフォーム」からお願いします。

【お電話による会員入会の申込み】

 

「甘木鉄道を育てる会」への会員入会申込みについては、

 甘木鉄道株式会社でも「電話受付」をしております。

 TEL:0946-23-1111

 甘木鉄道株式会社(担当)川上

 

 ※活動等に関するお問合せは、お手数ですが「お問合せフォーム」からお願いします。

 ※お電話は、月曜~土曜(祝日を除く)8時30分~17時30分 にお願いします。

 ※不在の場合もありますので、ご了承ください。